雑誌を読む有料アプリを「ビューン」から「dマガジン」に変更した

Pocket

iPad Airを購入して以来、一番の利用率(私にとって)である有料の雑誌アプリ「ビューン」だったのですが、4月から価格が変更になり税込み480円と2割も値上げしてしまいました。

円安によりAppleの有料アプリが軒並み値上げしたことを受けての価格変更と思いますが、いっそのこと「ビューン」以外のアプリに変えたらと思って調べたところ、ドコモの「dマガジン」が圧倒的に良かったのですぐに変更しました。

ということで今回は「ビューン」から「dマガジン」への移行についてまとめてみました。

Ads

「ビューン」を使ってみて

ビューン」はとても便利に使えていました。月額400円で結構な数の雑誌が読めるし、しかもかさばらない。アプリも昔は不安定でしたが現在のバージョンではいたって安定しています。

2015年4月現在、ビューンでは合計72の雑誌を読むことが出来るようです。主な男性向け誌をあげると、
・FRAIDAY
・週刊東洋経済
・AERA
・週刊ダイヤモンド
・エコノミスト
・PRESIDENT
・週刊現代
・FLASH
・週刊アサヒ芸能
・サンデー毎日
・週刊朝日
・馬サブロー
・デイリー
・開運帖
・プレジデントFamily
・Wired
・Begin
・DIME
・HiVi
・サイゾー
・Web Designing
・パチンコオリジナル必勝法
・ダイヤモンドZAi
・GQ JAPAN
・MEN’S CLUB
・NAVI CARS
・Octane
・男の隠れ家
・Mac Fan
・ワイン王国
・dancyu
・MEN’S EX
・GoodsPress
・ALBA
・flick! digital
・BE-PAL
・月刊ガルヴィ
・Gainer
・GRIND
・ワールドサッカーキング
・ゲキサカプラス
・毎日スポニチTAP-iビューン版

があります。また、主な女性向け雑誌をあげると、
・○○ウォーカー(東京・横浜・福岡・北海道・東海)
・FRaU
・レタスクラブ
・女性自身
・女性セブン
・GOLD
・S Cawaii!
・Elle a table
・婦人画報
・家庭画報
・Regina
・CLASSY.
・VOGUE JAPAN
・25ans
・OZplus
・Vivi
・JJ
・nice things.
・mina
・美ST
・Baby-mo
・ELLE DECOR
・NAIL VENUS
・Pre-mo

があります。もちろん、雑誌(というか出版社のポリシー?)によって一部しか読めないものとほとんど読むことが出来るものがあり、一概には言えませんがコンビニで立ち読みする位の情報はあります。

「ビューン」にはiOS版とAndroid版があり、私はiOS版を購入していました。iOS8からのファミリー共有には対応せず、同一AppleIDであれば複数端末で閲覧できるようになっています。

もちろんiOS版とAndroid版とで同じライセンスというわけにも行かず、両方で見たければ2倍支払う必要があります。

なので基本的に私のAppleIDで登録したiPadとiPhoneで見るようにしていました。そこにきて4月の値上げで月額480円になるというメールを見て、「他のサービスはどうなの?」と思って調べることに。

幸いなことに、今回の値上げにより「ビューン」の購読の自動更新はされずに停止されているために私の場合4/13までの契約となっていました。継続したければ480円で再契約すればいいようです。

一方で、「ビューン」にあって「dマガジン」にないコンテンツを探してみたところ、「デイリー」、「馬サブロー」、「開運帖」、「HiVi」、「Web Designing」、「Octane」、「ゲキサカプラス」、「FRaU」、「ViVi」、「Pre-mo」、「Baby-mo」などがあります。

好きな人にはぐっとくるこれらのコンテンツを希望するのであれば「ビューン」を継続する方が良いかも知れません。

ドコモの「dマガジン」

同じように雑誌を購読するアプリにはドコモの「dマガジン」がありました。こちらは月額400円(ただし税抜なので税込432円)と値上げした「ビューン」よりちょっと安い。

ドコモだから関係ないと思っていた自分が恥ずかしい。そう、今ドコモはdocomoIDを非ドコモユーザーにも開放しており、docomo IDを使ってドコモの端末でなくても自由に「dマガジン」が利用できるようになってました。

おまけにマルチデバイス対応でdocomo IDで認証(5台まで)するのでプラットフォームに関係なく、iOSやらAndroidやら合計5台まで読むことが出来るとのこと。ドコモ素晴らしい!

早速ドコモユーザーでない私もdocomo IDを取得し、「初回31日間無料」というキャンペーン(?)に乗って契約しちゃいました。クレジットカード払いできるので便利。参加雑誌はなんと130もあり、ビューン以上に用意されてます。

ざっと見て、個人的には「CAPA」や「月刊ザテレビジョン」、「週刊アスキー」や「週刊プロレス」、「WEEKLYファミ通」、「週刊ベースボール」、「週プレWEEKLY」、「TARZAN」、「DVDブルーレイでーた」、「日経トレンディ」、「日経PC21」、「ベストカー」、「HotDog Press」などが「ビューン」にはないコンテンツのようです。テレビガイドやベストカー、CAPAなどはうれしいな。

dマガジンを使ってみて

実際にdマガジンをiPad Air(初代)で見ています。このくらいの解像度であれば十分な感じです。我が家は低速インターネットなのでページ送りに時間がかかるのは仕方がないですが、Android5 にアップデートしたGoogle Nexus7(2012 3G)はちょっとつらそう。というかNexus7 2012自体がつらそうですが。

コンビニに行って立ち読みするくらいにはなるのかなと思い、5月から継続することにしました。「うちドコモじゃないもん」という方にこそ使ってもらいたいサービスでした。

dマガジン
カテゴリ: ブック
現在の価格: 無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です