[Flickr]旧Eye-Fiでのアプリ連携が終了してた[Picasa][2015/09/09完全停止]

Pocket

以前、「Eye-Fiで撮影したデータを無制限アップロードできるWebサービス(FacebookとGoogle+)」や「【容量1TB】今からはじめるFlickr【フォトストレージ】」というEye-FiとGoogle+やFlickrとの連携についての話を書きました。

そんな旧Eye-Fiのサービスが一部終了しているという話があったのでまとめておきます。

【追記 2015/07/09】ついにEye-Fiが旧Eye-Fi(Eye-Fi Center)経由でのWebサービスの停止を発表しました。それによると2015年09月09日をもって停止するとのこと。とはいえEye-Fi Center経由でPCに転送することは出来るのでPC→クラウドへの転送をEye-Fiがしてくれなくなるということのようです。

Ads

オンラインサイトとの提携の終了

現在の所、私が持っているEye-Fi Pro X2では、撮影した後に自宅のPCに自動転送し、その後Flickrに転送するようにしているんですが、この前なぜか途中でエラーが発生しました。

1枚の写真を延々とアップロードしようとしていたので、Eye-FiをPCに接続した後でchkdskして復旧したのですが、Eye-Fiの公式を見てびっくり。

どうも2015年5月あたりからPicasaへの転送が出来なくなってきているらしく、Eye-Fiでは5/27付けで「オンラインサイトへのアップロードについてのご報告、よくある質問」というページが出来ていました。

これによると、Picasaだけではなく、FacebookやEvernote、Flickrやyoutubeといったサービスとの連携が終了しているんだそうです。

もしかしたら転送に失敗したのはEye-FiとFlickrとの提携終了によるものなのかも知れません。

そもそも旧Eye-Fi(Eye-Fi Center)は現行のEye-Fi mobiには対応していないようで、新たなEye-Fiソフトを導入しないといけないようです。

オンラインサービスとの連携終了について

上の「オンラインサイトとの提携が終了しています」のページを見ると、以前と違い「詳しくはこちら」が増えていました。

これを読むと、従来のEye-FiではEye-Fi View経由でクラウドに転送してそこからPicasaやFacebook,Flickrなどに転送していたのですが、これらのサービスは9月9日をもって終了すると言うことのようです。とはいえ、Eye-Fi Centerが動かなくなるわけではなく、PCへの転送は従来通りできるのであとは何らかの手段でHDDに保存された写真をクラウドに転送すればよいらしい。

Eye-FiではIFTTTを使えとあるのでちょっとIFTTTの勉強でもしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です