WordPress 4.3にアップデートしたら突然白紙に!その時どうする???

Pocket

今朝某VPSに置いているWordPressを4.3に更新したところ、白紙になってしまいました。

と言うわけで、今回はWordPressのアップデートで白紙になったらどうすればいいのかをまとめてみました。

Ads

突然白紙に!

今朝、WordPressにログインしてWordPress 4.3への更新を行ったら、突然白紙になってなにも表示されない状態となりました。

Google様に聞いてみたら、結構多くの事例があるようです。なのでそれらを見ながら修正していくことに。

まずはデバッグモードへ

まずはwp-config.phpを編集してデバッグモードにすると良いとあったので、/var/www/wordpress/に置いていたwp-config.phpをvimで開き、

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用>することを強く推奨します。
 */
define('WP_DEBUG', true);

のように「true」にするとデバッグモードになります。

改めてログインして見ると次のような表示へ。

Notice: The called constructor method for WP_Widget is deprecated since version 4.3.0! Use

__construct()

instead. in /var/www/wordpress/wp-includes/functions.php on line 3457

Fatal error: Cannot redeclare get_language_attributes() (previously declared in /var/www/wordpress/wp-includes/general-template.php:2624) in /var/www/wordpress/wp-content/plugins/wp-ban/wp-ban.php on line 243

おー、wp-banが原因とあるなぁ。wp-banとはIPやリファラー、国ドメインなどで拒否することができるプラグインでとても重宝しています。
原因がわかったので、デバッグモードを解除しておきましょう。

実はエラーが英語だったのでわからなかったのですが、日本語であれば

Notice: 呼び出された WP_Widget のコンストラクターメソッドはバージョン 4.3.0 から非推奨になっています! 代わりに
__construct()
を使ってください。 in /home/hoge/wp-includes/functions.php on line 3457

というエラーになるんだそうです。

wp-banの停止と更新

WordPressのプラグインを停止するにはいろいろな方法がありますが、今回は/var/www/wordpress/wp-content/plugins/wp-banのフォルダをリネームすることで対処しました。こうすることでWordPressにログインすることができるようになります。
また、リネームしたプラグインは自動的に停止されます。

その後wp-banを更新して有効することで無事に復活しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です