機種変更の本来あるべき姿by KDDI

Pocket

ITmedia mobileにこんな記事が載っていました.
KDDI、新規契約と機種変更の端末販売価格差、是正へ(ITmedia mobile 01/27)

 KDDIは、携帯電話の販売価格について、新規契約時と機種変更時の価格差を是正していく方針だ。1月27日の第3四半期決算で小野寺正社長が話した。
 「これまで新規価格を優遇してきたが、機種変更をそれなりの価格でできるようにしたい」(小野寺氏)

どう考えても同じ商品の価格が新規と機種変更でこうも違うのかと.特にボーダフォンはしゃれにならない価格差です.auの場合,新規が少し高くなっても大丈夫とふんでいるのでしょう.実際,価格差が5000円程度なら面倒なので新規契約→解約→白ロム化→持ち込み機種変ということはしないだろうし.
機種変更の価格も機種変してからの期間で変えてますよね.キャリアとしては最低1年は使ってほしいという感じで,一年未満は新規にくらべて相当高いですよね.個人的にはこれはしょうがないかと.
きちんと1年間頑張って使ったならば,街にあふれている新規の値段に近い額で機種変更をさせてほしい.
ボーダフォンも機種変更価格の全国統一化に近づいてきてます(ほとんど同じになった)し,auのように新規と機種変の価格差(すなわちインセンティブの分)を是正してほしいものです.