ユーザー車検への道(5)

Pocket

初めて読まれる方は「ユーザー車検への道(1)」からお読みください。
前回に続き今回も一回目に落ちるということで、精神的なダメージをかなり受けました。が、気分を変えてヘッドライトの検査をしてもらおうと言うことで、近くにあるスーパーオートバックスへ行くもまだ開店前(–;)
しばらく待って開店と同時にヘッドライトの検査をお願いする。ちなみに値段は3000円。このときに、「車検に備えて」と言っていたと思うのですが、よく覚えていないのです。
控え室で待ってると「○○番でお待ちのお客様~」と呼び出しがあり、取りに行くと「左右はあんまりずれてないですよ」といわれた。「あれ~、検査場の機械がおかしいんじゃないの?」位に思っていた私が馬鹿でした。
再度検査へ。検査場ではヘッドライトの検査のみなので、スリップテストの検査の機械で「通過」を押す。ちょっと悲しい。
ちゃんと検査してるんだから大丈夫だろう、と思って機械を見てるとまたもや「×」のランプが…
えぇぇ~、と検査員の方に聞いてみたら「左のライトが右に40(単位不明)ずれてるよ」と言われる。
あわててスーパーオートバックスに電話して再度見てもらうと、「ハイビームの調整ではなくてロービームで調整してました」とのことで、今度はハイビームで調整してもらう。検査場で言われたとおりに左のライトがが右にずれているのを確認してもらい、再度調整してもらう。(もちろん無料)
そしてようやく3度目の検査。今度は無事に○のランプがつきました。もう泣いちゃいそうでした。
その後は登録事務所で書類を提出し、新しい車検証とステッカーをもらいました。
結果としてかかった費用は、
 30円(用紙代)
 37800円(重量税印紙代)
 1400円(検査登録印紙代)
 30680円(自賠責保険)
 3000円(ヘッドライト検査)【スーパーオートバックス】
—————————–
計72,910円
でした。最初にフルード類の交換とリサイクル券とで3万強かかっていたので、結果として出費は105,000円程度となりました。
安全点検については、ブリヂストンカーライフサポートカードに加入しているので、各地のタイヤ館で無料点検をしてもらえます。
その他無料でのレッカーサービスなど、充実したサービスが豊富なこのカード、一枚持っていて損じゃないと思います。
ただし、私が持ってるJACCSカードのブリヂストンカーライフサポートカードは、請求が遅いのが難点です。Webも貧弱でJCBやNICOSにはまだまだ及びませんが、年間5万円利用で年会費無料という敷居の低さもあり、私のベストカードとなっています。

3件のコメント

  1. オートバックス ナビ

    いつもコメント・トラバ・相互リンク・ランキング応援などありがとうございます。 オートバックスのナビについてのブログを立ち上げました。
    この記事へのトラックバック、コメントなどをお待ちしております。

  2. 保険改定1また値上げ!自賠責保険料の改定 その2

    現行の自賠責保険料はいくら?
    自賠責保険料の仕組みと今後の流れを理解しておこう。
    事故に遭ったらまず警察への届出が鉄則です!

コメントは受け付けていません。