NEX-5のAVCHD動画をXMedea Recodeを使って変換する

Pocket

最近はデジタル一眼レフやミラーレス一眼が家庭にかなり普及しているようです.我が家でも,SONYのNEX-5Dという機種を去年購入してマウントアダプター経由で昔のレンズをつけて使っています.

写真を撮るのは問題ないのですが,動画を撮影した場合はデータサイズが大きいので人に見せる際にちょっと面倒です.HDDレコーダーなどにSDカードを入れる場所があれば大体再生できるようなのですが,今回はXMedia Recode というドイツのフリーソフトを利用してmp4などの動画形式に変換するまでを紹介します.

Ads

今回は動画を変換するだけです.カットなどの編集はまた別の機会に.


XMedia Recodeのダウンロードとインストール

XMedia RecodeDownload からダウンロードできます.日本語ランゲージファイルもあるようです.今回はXMedia Recode 3.1.2.0をダウンロードしました.

XMedia Recodeのインストールの様子はこちら.

Xmediarecode001

Xmediarecode002

Xmediarecode003

Xmediarecode004

Xmediarecode005

Xmediarecode006

Xmediarecode007

XMedia Recodeの使い方

通常,AVCHDで動画撮影した場合,private→avchd→bdmv→stream内に00001.mts,00002.mts…のようにファイルが作成されていますので変換したい動画をコピーしてHDDに移動しておきます.

Xmediarecode010

手順としては,「ファイルを開く」からmtsファイルを開き,「形式」→「一般」にある「プロファイル」から選ぶか一番上にある「カスタム」を選んで自分で決めるかです.今回はYouTube 1920×1080 FULL HD(mp4)を選択しました.オプションで変更したのは保存先くらい.デフォルトではc:\users\username\videosになるみたいです.

設定が完了したら上のツールバーから「リストに追加」を押して「エンコード」すれば自動で始まります.複数のファイルをリストに追加していればバッチ処理になります.

エンコード中はCPU優先度と完了時の動作が選択できます.完了時の動作は再起動,シャットダウン,ログオフ,スタンバイが選択できるようです.

Xmediarecode013

完了すると次のようなダイアログが出て終了です.お疲れ様でした.

Xmediarecode012