ソフトバンクiPhone5(iOS7.1)をリカバリモードとDFUモードで復元してみた

Pocket

iPhone5からiPhone5sに機種変更する際に,使わなくなったiPhone5でいろいろ遊ぶことにしました.まずは復元からです.iPhoneの調子が悪くなると最初に行うのが復元です.復元するにはバックアップを取った上でリカバリモードで復元する方法と,DFUモードで復元する方法があります.

以前blogで「iPhoneが動かなくなったときにすること2つ【リカバリモードとDFUモード】」について書いたところ,今でもかなり引用されています.ということはiOS7でもそのやり方は行けるということでしょう.

ということで今回はソフトバンクiPhone5(iOS7.1)にてリカバリモードとDFUモードで復元してみました.

ただし,今回は正常に起動する状態からの復元ですので,正常に起動しない場合は同じようにしても動作しないかもしれません.ご容赦下さい.

Ads


今回使用した環境

今回使用したiPhone5(32GB)はソフトバンク版でiOS7.1にアップデートしています.復元する際に最新版のファームウェアに更新されますので,前もってあげておくほうが時間の短縮になります.使用したPCですがWindows8.1 64bitを使って接続します.iTunesのバージョンは11.1.5.5でした.iPhoneを見るとこんなかんじ.

Dfumode2014_1

リカバリモード

「iPhoneが動かなくなったときにすること2つ【リカバリモードとDFUモード】」で書いた通り,iPhoneを復元する公式の方法がリカバリモードです.リカバリモードは公式サイトiOS デバイスをアップデートまたは復元できない場合に書いてあります.

上に書いてある通り,iOSデバイスの電源をオフにした上でUSBケーブルをPCにだけ接続し,「ホームボタンを押しながら」USBケーブルをiOSデバイスにつなぐと以下の「iTunesに接続」画面になります.こうなればリカバリモードで復元できます.

ちなみにiPhone5を使ってリカバリモードで復元する際にはこのような画面になっています.

Recoverymode

あとはiTunesにまかせておけば大丈夫.途中でエラーが出る場合は改めてDFUモードで復元するか修理に出すしかないようです.あと良く聞くのがWindowsやMacの機械を変えてやってみるとうまくいくことがあるようです.そんな時のためにiCloudや複数PCでバックアップを取得しておきましょう.iTunesでの画像は後述するDFUモードとほぼ同じですので割愛してます.

DFUモード

さて,いよいよDFUモードです.DFUモード自体はAppleが公表しているものではないらしく,webで調べると個人のblogがたくさん見つかります.

DFUモードの特徴はiOSデバイスが起動しない状態でも復元可能であるということです.リカバリモードで復元できないiOSデバイスであってももしかしたらDFUモードで復元できるかもしれません.逆に言うとDFUモードで復元出来ない場合は修理にだすしかないと思われます.

DFUモードへの入り方は諸説あります.今回私は起動するiPhone5をDFUモードで復元しました.なので起動できないデバイスの場合は少し異なるかもしれません.

まずは電源がついてPCに接続します.バックアップはその時に取得しておきましょう.次にホームボタンと電源ボタンを同時に押します.電源がつかないiPhoneやリンゴマークでフリーズしてるiPhoneはそのままUSB経由でPCに接続したままでホームボタンと電源ボタンを同時に押せば良いみたい.

すると7秒くらいでいったん音がするので電源ボタンから手を離し,ホームボタンは押したままにしておきます.そこから5秒くらいで再び音がするのでホームボタンから手を離します.この時間は環境によって異なるかもしれません.iTunesから音が出るのでそれを目安にやっても大丈夫そう.

するとiPhoneの画面がまっ暗なままでPCのiTunesには「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました.iTunesでご利用になる前に,このiPhoneを復元する必要があります.」というダイアログが出るのでOKを押して復元します.DFUモードでも画面には「リカバリモード」と書いてあります.

Dfumode2014_2

iTunesから「iPhoneを復元…」というボタンがあるのでこれを押します.このときシリアルがN/Aになってました.

Dfumode2014_3_2

すると「お使いのiPhoneの"iPhone"を工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?メディアやその他のデータはすべて消去され,最新バージョンのiPhoneがインストールされます.iTunesは復元をAppleに確認します.このプロセスの完了後,連絡先,カレンダー,テキストメッセージ,およびその他の設定を復元するかどうかを選択できます.」

 

Recovery3

というダイアログが出るので「復元と更新」を押します.ここまでにiPhoneのファームウェアを最新にしてないと時間がかかります.

二回ほど音がしてiPhoneが起動し,リンゴマークになって復元開始です.

Dfumode2014_5_2

Dfumode2014_6

Dfumode2014_8

復元が終了したら音がなって,「お使いのiPhoneは工場出荷時の設定に戻り,再起動中です.iPhoneのケーブルを接続したままお待ちください.再起動後にiTunesウィンドウに表示されます.

「このメッセージはx秒後に消えます.」

Dfumode2014_9

というダイアログが出るのでOKを押すかしばらく待つと再起動します.

もしかしたらここでアクティベーションがあるかもしれません.何回も復元してたらアクティベーションのダイアログが出てこなくなってました.以前保存した画像はこちら.

Activate_iphone5

AppleIDとパスワードを入力してアクティベーションしておきます.

次に,iTunesが「新しいiPhoneへようこそ」という画面になります.新しいiPhoneとして設定するか,バックアップから復元するか選択できます.今回は「新しいiPhoneとして設定」を選択.

Dfumode2014_10

するとiTunesと同期の画面になるので「開始」を選択.今回は新規なのですぐに終了し,最初の画面になります.

Dfumode2014_11

あとはiPhoneの操作です.今回は新規のiPhoneとして復元するので次のような順序で進みます.

Img_0001

Img_0002

Img_0003

Img_0004

Img_0005

Img_0006

Img_0007

Img_0011

Img_0015

Img_0016

以上の操作でDFUモードによる復元は終了です.バックアップを取得していれば復元後バックアップに書き戻しても大丈夫です.

以上でリカバリモードとDFUモードを使った復元についてまとめてみました.以前の記事が今でもそのまま使えるということで改めてAppleの先進性に驚きました.