キューブ・キュービックのエンジンが止まる(朝のみ)→スロットルボディ洗浄で復活

Pocket

平成15年10月に愛車キューブ・キュービックを購入して現在も使っています.今までに数多くのトラブルを経験しましたが,最近は文句も言わずよく働いてくれていました.

そうはいっても,最近気になる現象が起きていました.それは2つあり,1つはアクセルをゆっくり踏んだ際にそれが実際の加速として感じるまでに時間差が生じていました.

「もう古い車なのでCVTがおかしいからか」と勝手に解釈してそのままにしていました.この時もうすこしはやく気づいていれば…

そしてもう1つの現象がここ数週間前から起きていました.それは,「朝一番にエンジンを掛けるとエンジンが止まってしまう」という現象です.バッテリーは大丈夫で,しかも動きだしてしまうと何の問題もなく使えてしまうため,朝のエンジン始動の際に何度かアクセルを踏み込むことでエンジンが止まらないことを発見し,なんとかやり過ごしていました.

イメージとしては,朝一番にエンジンを掛けるとエンジンがかかるものの,アイドリングが不安定で止まってしまう感じです.また,エンジンを掛けた際に数回アクセルを踏んでふかすとなんとか止まらずアイドリングしてくれるんです.

このままじゃちょっと不安だったのでGoogle先生に聞いてみたところ,やっぱりこの車特有のトラブルのようでした.
きっと同じ現象で悩む人も多いだろうから,ここに記録しておきます.

Ads

エンジンが止まる原因

キューブやキューブ・キュービックで朝の始動時にエンジンを掛けると止まってしまうという現象は,「スロットルボディ」が汚れていることに原因があるようです.

どうも,この時代のキューブやキューブ・キュービックはスロットルが電子化されており,アクセルワイヤーなどは撤廃されているんだそうです.やるな,キューブくん.

しかし,スロットルボディという部品にあるバルブにカーボンがたまり,空気の調整が難しくなるとのこと.

解決方法としては,スロットルボディを開けてバルブを洗浄すればいいんですが,そうなるとコンピューターが勘違いしたままになってアイドリングが高くなるんだそうです.

そのために,急速TAS学習なる作業をしてコンピューターをリセットする必要があるのですが,その操作方法を読むと自分でできる自身が全くないので,ディーラーへお願いしました.

ディーラーで洗浄

というわけで,ディーラーへ持ち込んで見積もりをとってもらったら,エンジンの上カバーを開けるのでついでにスパークプラグも交換したほうが良いということで,結局はスパークプラグ4本とゴム類,エアエレメントも一緒に交換してもらいました.

かかった費用は2万3千円くらいになりましたが,10万kmを超えたのでスパークプラグは交換しておくべきだろうということでお願いしました.

作業を終えて

最初に書いたアクセルをゆっくり踏んだ際に加速が遅れる件は,スロットルボディの洗浄で解消しました.

また,エンジン始動時のフラつきみたいなものも皆無です.いやー,もっと早く洗浄してもらうんでした.

交換して数日経過しているのですが,ここ数日は早朝の気温がかなり低くなってきたのですが,一発でエンジンがかかりますし,ゆっくりアクセルを踏んだ時もリニアに(1400ccなのでそれなりだけど)加速してくれるようになりました.燃費はまだ測定できていませんがきっと前より良くなっているはず.というわけで,あなたのマーチ,キューブ,キューブ・キュービックが早朝エンジンがかからなくなってきた場合はスロットルボディの洗浄で改善されるかもしれませんよというお話でした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です